講師紹介Instructor

稲岡満男 mitsuo inaoka

instructor_inaoka-thumb-165xauto-12東京都出身。幼少より父から弦楽器の手ほどきを受け、10代でギタリストとして東京文化ホールにて衝撃的デビュー後、ワルカー、アニード、ベーレント等と次々に共演。
現地スペインでレコーディング。1991年、ミッシェル・タンゲイ氏(ベルギー国立オーケストラ主席フルート奏者)と共演。
1992年:日中国交回復20周年記念日本を代表するアーティストとして招かれ北京へ。ソロリサイタルを行い、日本を代表する音楽家をして国際文化交流に大きな足跡を残す。
また、民族楽器(弦楽器)の研究に努め、世界各国を訪問。世界各国の弦楽器奏の第一人者として活動。特に日本の三味線のルーツにおけるシルクロードの研究は、教育的にも高く評価され、2001年には再度北京に招かれたほか、日本トルコ友好年を記念して、イスタンブールに招かれている。
現在、民俗音楽を中心とした「世界の民俗楽器シリーズ」(年間100回を越す)ステージを一流プロの音楽家集団のリーダーとして各地でこなし、その演奏や舞台表現は多くの人々を魅了している。

彌月大治 daichi mitsuki

instructor_mitsuki-thumb-165xauto-131991年、小学6年生にして全日本ギターコンクール関西予選、一般の部にて入賞。
1993年、日本ギターコンクール(読売大賞)銀賞。
1994年~1996年、同コンクール金賞(3年連続)。
1995年、ギター音楽大賞、入賞。
同年、同コンクールアンサンブルの部にて、ギターオーケストラのソリストとして第1位。
同年、大阪のザ・シンフォニーホールにて公演を果たす。
16才より、プロ活動を開始し、1年目より東北・関東・関西・中国・九州等、日本各地にて公演を行なう。
現在、自身率いる津軽三味線ユニット「Lunare」の活動他、ギタリスト・三味線奏者として全国的に演奏活動を展開している。

新田開山 kaizan nitta

instructor_tensyu-thumb-165xauto-23沖永良部島生まれ。
沖田富安氏に手解きを受け、三線を学び始める。
2000年、独立。
2009年より、自身率いるユニットを結成。
沖永良部・沖縄民謡を中心に沖縄ポップスや歌謡曲など幅広いジャンルを演奏。
天秀の故郷である沖永良部島を大切にしたいとの想いから2011年にユニット名を「ヤーグニャ」に改名し現在、関西を中心にイベント・沖縄料理店等で年間200本ほどのライブを展開。
独自の世界観で多くのリスナーや観客を魅了している。

尾崎江利子 eriko ozaki

instructor_ozaki-thumb-165xauto-15札幌大谷短期大学音楽科ピアノコース卒業
大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業
同大学音楽専攻科器楽専攻修了
第3回高槻音楽コンクール奨励賞
第8回日本クラシック音楽コンクール兵庫地区本選大学の部ピアノ部門優秀賞
同コンクール全国大会入選
ロゼ・ピアノコンクール99’一般の部静岡新聞社SBS静岡放送賞
第36回なにわ芸術祭新人奨励賞
これまで、熊谷玲子、中川博子、斉藤雅広の各氏に師事。
関西フィルハーモニー管弦楽団との共演、朝日新聞社主催「阪神大震災復興祈念コンサート」(2003年より毎年出演)他、クラシックから他ジャンルとの共演に至るまで、現在その活動は多岐に渡る。

柴田咲 saki shibata

instructor_yamamoto-thumb-165xauto-16大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース卒業、同大学卒業演奏会に出演。
京都市立芸術大学大学院音楽研究科卒業。
2011年八重奏で学内オーディションに通過し
「第32回アンサンブルの夕べ」に出演。
Phoenix OSAQA2014にてジャパン・ストリング・
カルテットのマスターコースを受講。
これまでに松永みどり、稲垣琢磨、豊嶋泰嗣、各氏に師事。
現在はヴァイオリン講師、その他フリー奏者として室内楽、
オーケストラ、レコーディングなど、幅広く活動を行っている。

西村孝樹 kouki nishimura

instructor_nishimura-thumb-165xauto-14幼少よりジャンルにとらわれず演奏技術を磨き、2002年、プロの民族音楽団体「音楽工房」に抜擢され以来、全国的な演奏活動を展開。
自身の演奏活動を行う傍ら、中、高校の音楽講師を勤める等、教育の現場にも積極的に携わりながら、国内外の様々なイベントに出演。
これまで、クラシックギターを稲岡満男氏に師事、津軽三味線を亀谷英明氏、2016年より木乃下真市氏に師事。
2016.全国津軽三味線倉敷大会  一般の部 準優勝
2016.全国津軽三味線大阪大会  一般の部 優勝
2017.津軽三味線世界大会B級個人4位入賞
2017.津軽三味線全日本金木大会B級個人3位

斉藤由佳 yuka saitou

instructor_saitou-thumb-165xauto-22YUKA( ユカ)
ミュージシャンであった父の影響により、幼少より音楽に触れ合う環境に育つ。
高校卒業後、音楽専門学校に進学、在学中よりプロとしての活動を始め、イベント・CM・メジャーアーティストのサポートなど多数出演する。
卒業後はソロヴォーカリストとして活動、またヴォーカリスト「TAEKO」をメインにフューチャーしたユニット「TAEKO+THE V.O.W」のメンバーとして活動を全国規模で展開する。
現在はヴォーカルグループ「THE VOICE OF WEST HARLEM」のソリストとして多数のイベント、コンサート、TV に出演。
その美声が高く評価され、卓越したポップスセンスとハートフルな表現方法、清潔感のある美声は数多くのフォロワーを魅了している。
その他、音楽講師やCM、ゲーム音楽の録音などでも活躍中。
【 活動歴 ー 略 】
K-1 グランプリで東京ドーム7万4千人の前で歌唱/日本伝統芸能-歌舞伎-とゴスペルを融合した歌舞劇「阿国」に出演、市川右近との共演/毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー出演/毎日放送ニュース番組「朝ダッシュ!」エンディングテーマ/ラジオ関西 ジングル/FM ひらかた ジングル/バックコーラス参加、佐川満男・小椋佳・紙風船/コナミ「ギターフリークス」「ドラムマニア」「PS2 ゲームソフト」各多数歌唱/テイチク音声多重カラオケ 多数歌唱/CM「エースコック ワンタンメン」「チョーヤ 蜂蜜梅酒」「アルパーク」

菅原みゆき miyuki sugawara

instructor_sugawara-thumb-165xauto-18高校時代より弾き語りを通じてギターを始める。
後に稲岡満男氏にクラシックギターを師事、ギター独奏をはじめ、アンサンブル等を学ぶ。
現在、ギターの公演活動、各ミュージックスクール・教育現場での指導の他、ボサノバの弾き語り等でも活動を展開中。

井狩温子 atsuko ikari

instructor_ikari-thumb-165xauto-173歳より幼児音楽の専門機関にて音楽・リズム、ピアノを学ぶ。
大学在学中より、兵庫県青少年育成音楽スクールドラム科講師「Loop Drummers Wave」主任講師などを務める。
ドラム、パーカッション、リトミック(リトミック研究センター指導資格取得)など、数多くのジャンルに精通。
現在、打楽器全般のレッスン等、後進の指導に力を注ぐ傍ら、アーティストのレコーディング・ライブサポート等、精力的に演奏活動を展開している。

今谷航太郎 koutarou imatani

instructor_imatani-thumb-165xauto-19幼少時代にビートルズが好きな父親の影響で音楽に触れて育つ。
15歳の時に「弾き語りがしたい」と思い本格的にギターを始める。
16歳~22歳までの6年間、プロのギターリストに師事し、ポップス・ハードロック・ジャズ・ファンク・ブルース・ボサノヴァなどの様々なジャンルを学び、海外でのセッション経験などを経て幅広いプレイスタイルを習得する。
その後、自己のバンド活動、TV出演、アーティストのツアーサポート、レコーディングやCMの音楽制作を担当するなどプレイヤーとして幅広く活動を行なう。

さくらいじゅん jun sakurai

instructor_sakurai-thumb1990年より児童音楽家として幼稚園、保育所、 小学校など教育機関や各種ファミリー向けイベントでの活動をスタート、 現在は未来創造プロジェクト 子どもたちの船を立ち上げ、おひさま楽団を主催。現在も関西を中心に訪問公演活動中。
2005年より、ウクレレでのソロ活動、 ギターでのサポート演奏活動を開始。
初心者でも楽しくレッスンが出来るよう、手作りの楽譜を作成。こどもから大人まで幅広い年代への普及に努めている。

高橋麻衣 mai takahashi

instructor_sakurai-thumb大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース卒業後、同大学大学院に進学。
2013年シモン・ベルナルディーニ氏によるマスタークラスを受講する。
関西音楽大学協会主催の「第34回アンサンブルの夕べ」に選抜出演。
2015年にはturina国際フェスティバルに参加し、
オーケストラ、マスタークラスを受講。
第18回「万里の長城」国際コンクール大学の部入賞。
第44回和歌山新人演奏会に出演。
これまでに、倭田慶子、黒川寛子、稲垣美奈子、稲垣琢磨、各氏に師事。

千代貴子 takako chiyo

instructor_sakurai-thumb津軽三味線を西村孝樹氏に師事。
2017年より日本芸能の発信プロジェクト「乱kyoto」の中心メンバーとして公演活動を展開。篠笛・尺八・和太鼓などの伝統楽器ほか、
西洋楽器との共演も積極的に行う。
現在、公演・ライブ活動他、後進育成にも力を注いでいる。

徳原京都 takako chiyo

instructor_sakurai-thumb山口県出身。関西学院大学在学中、バンド結成後わずか3ヶ月で観客1000人を遥かに超えるライブイベントを、Zepp Osaka(現Zepp Namba)にて成功させる。
また、西日本最大のドラムイベント「THE DRUMS」にも参加し、その中心メンバーで構成された打楽器パフォーマンス集団「TDMF」の一員でもある。
その活動は様々で、地域イベントやメジャーアーティストのオープニングアクト、ダンサーとのコラボなど多岐に渡る。
現在は関西を中心にドラムレッスン、ライブサポート、レコーディング等、精力的に活動している。